アートとは何か 芸術の存在論と目的論
KIKAbooks

アートとは何か 芸術の存在論と目的論

通常価格 $15.00 $0.00 単価 あたり
《アートとは何か 芸術の存在論と目的論 アーサー・C・ダントー》 

 

著者 : アーサー・C・ダントー / 訳 : 佐藤 一進

発行 : 人文書院

ページ数 : 277p

サイズ : 135mm×185mm

発行年 : 2018年

言語 : 日

コンディション : A

経年による多少の使用感はありますが、目立った傷や汚れなどはなく、状態は良好です。

 

内容

ーーーーーーーーーーーーー

何が作品をアートにするのか?ミケランジェロ、フランチェスカ、ダヴィッド、ピカソ、マティス、マネ、デュシャン、ケージ、ウォーホルなど多くの古今の傑作を取り上げ、プラトンからデカルト、カント、パースにいたる美学と哲学を検証しながら、時空を超えて通用する「アート」の定義を提示する。

 

    • 緒言
    • 第1章 うつつの夢
    • 第2章 修復と意味
    • 第3章 哲学とアートにおける身体
    • 第4章 抗争の終焉−絵画と写真の間のパラゴーネ
    • 第5章  カントとアート作品
    • 第6章 美学の未来

    ほか

      ーーーーーーーーーーーーー


      この作品をシェアする